忍者ブログ
GHファンフィクションサイト「白日夢ーまひるにみるゆめ」のblog。 更新記録、突発sssなど
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めて参加させていただいたご本「NATSU-BON」より再録です。
宜しければ続きから(長いです)

 そんなの、解りきった事だった。
 世界がどんなに醜いか。
 どんなに、冷たいのか???????。



 大切な物は全て奪われ。
 求めていた物は手に届く筈も無く。

 それなのに。

 どうして、僕はまだ、こんな所に?


八月十四日。

その想い、遥かに。








気がつけば、そこは………


ああ、今年も来てくれたね。

淡い、優しい光を放つ、彼女。
捧げ持った花束を、その水面に投げ込む。

知っている。
この花を捧げたのは、僕ではない。
僕ではない、けれど。


「…やあ」
 また、今年も逢えたね。

 僕から少し離れ、彼女の背後に佇むのは、まだ幼さの残る少年だった。

「…こんにちは」
 彼女によく似た、綺麗な笑みで彼は答える。

「まだここに居るの?」
「お互いにね」
「…そうだね」

 毎年、ここに現れる「彼」。
 ここにやってくる、「彼女」。

 いつからなのか、もう分からないけれど。
 彼らの姿をこうして眺めるのが、年に一度の習慣となっていた。

 ただ、花を捧げるだけの彼女。
 柔らかな光を放ちながらも、その中にあって、彼女自身は深い悲しみに沈んで。

 そして、ただそれを見守る彼も。

 彼女の光を浴びながら、決して傍に行こうとしない。

 彼女は、彼に気付いていない。


それでも。

 彼が、羨ましかった。
 そんなに、深い想いを向けられている彼が。


 風が、そよぐ。
 柔らかそうな彼女の髪を浚って行く。それなのに、彼女自身は沈黙の湖に沈んだまま、微動だにしない。


 ただ、それを見守る彼。
 幼い、少年のような姿だけど、その双眸に浮かぶのは、深い、真摯な色だ。少年のように見えるが、もしかしたら、長い年月を此処で経ていたのだろうか?



 ああ、そうか。
 ずっとずっと、彼は、こうして彼女を見守っていたのだろう。
 僕が、ここに沈んだ、ずっと前から…。





 僕自身も、いつから『ここ』にいるのか、もう覚えていない。

 ただ。


 …どうしてか。僕は、僕自身をここに沈めたのだ。

 そうする動機があった筈だけど。
 もう、覚えていない。

 でも、後悔はしていない。

 こうして、年に一度だけど、彼らの姿を見るたびに??忘れていたはずの何かを、思い出せるような気がした。


 感じるのは、羨望。
 それとも、恋情?
 彼女とは、話をした事も無いけれど。


一緒に、来てくれる?


 頼んでみれば、頷いてくれるかもしれない。

 だけど。
 しない。

 できない。

 それを、望んだはずの、望んでも、良い筈の彼が、こうしてただ、黙って彼女を見つめているから。

 毎年、訪れるこの葛藤。
 でも。
 いつか、僕は。そして、『彼』は。
 じゃり。

 不意に、下草を踏む音が響いた。
 その気配に気付いたのだろう、彼が振り返って。
 その表情に、安堵が浮かんだ。

 それにつられて、僕もそこに視線を向ける。

 驚いた。



 数年分、成長した『彼』が、其処に居たからだ。


 黒衣に包まれた肢体は、それだけで絵になるような、見事な均整がとれていたが、何より『彼』に似ていながら、冷たいような、それでいて優美な相貌。

 ただ、漆黒の双眸に浮かべた色だけが???。


 燃えていた。


 まっすぐに、彼女へ向けたそれ。

 
 ああ、そうなんだ。


 だけど。
 彼女だけが気付いていなかった。
 いや。

 それとも、気付いていながら、ふりをしているのか。


「麻衣」


 冷たいのに、その奥に熱を孕んだ声が、彼女を呼ぶ。

 それでも、振り返らなかった。

 一度、足を止めた彼は再び彼女へ向かう。

 そして。



 背後から、抱きしめた。
 彼女を、自分へと繋ぎ止めるように。



 まるで、彼女が其処へ行ってしまう事を恐れるように。
 言葉も無く、彼女は振り返り、笑顔を向けた。

 柔らかに、光を放つような。
 漆黒の彼の腕に包まれていながら、其処だけが仄かに明るい。

 微笑む彼女を、彼は其処に閉じ込めるように、強く抱く。





「…今、此処で誓え」

 強い口調で、彼女の耳元にだけ落とされた声は、何故か僕たちに届いた。

 一瞬振り仰いで、彼を見上げた彼女はただ、頷く。

 対照的な、二人だけど。

 彼女に向ける想いは・・・・・・。





 腕に閉じ込めた彼女に、彼は静かに口づけを落とす。

 彼女の心を、止める事が出来るようにと。



言葉は無いのに、その想いだけは伝わってくる。




いつか、見た。

喪った、筈の風景。
柔らかな微笑みを浮かべる、『彼女』がいた、あの頃の。


ずっとずっと、
好きだった。

だけど。その人は喪われた。

彼女の心が、僕に向いていないとは知っていたけど。

それでも。
だからこそ。
幸せになって欲しかった。

幸せになれる、なってくれると信じていたのに。
ごめん。
ごめん。
謝る言葉も、届けるべき相手も此処にはない。

それでも。

思い出した。

大事な、友人の『恋人』だった。彼女。

僕を信じていたから、僕にも笑ってくれていたのに。

譬え、想いは叶わなくても僕は君を守りたかったのに。





事故、だったと。


深夜、酔っぱらい運転の車が僕たちの乗った、僕の運転する車に突っ込んで来た。

仕方の無かった事だ、と誰かが言ってくれたけど。

何故。
死んだのが彼女と彼で。
どうして、僕だけが置いて行かれたのか。


僕は、警察の事情聴取の帰りに。

立ち寄った此処に、

自らを投げ込んだのだ。


…そんな事では、自分を赦せる筈など無いのに。
自分の罪を、消せる訳が無いのに。




ごめんなさい。



だのに。

僕は、此処からどうして動けないのだろう…。






 ふわり。


 暖かな空気が、流れた。
 彼が、一瞬こちらへ視線を向けてから、二人へ笑顔を向けていた。





「………ジーン…?」

 彼女が、問いかける。
 青年は、ますます強く彼女を抱きしめる。
 何かに、怯えるように。

「ジーン…?どこ…」



麻衣。

 彼が、答える。

「どこ?どこにいるの?」

 目の前に居るのに、姿は見えていないのか彼女が必至になって呼びかける。


此処で、誓って。ナルと。

「…ジーン…」

 声だけが届いているのか、彼女は彼の腕の中で身を強張らせた。

「麻衣」

 彼にはこの声が届いていないのか。

 彼女の名前を呼び、壊してしまうのではないかと、危惧するほど強く、強く抱く。


「…ナル」
 彼女の顔に、笑みが浮かぶ。
「うん。…誓う」
「麻衣」
 彼はただ、名前を呼んで。

「約束する、から。ここで。ジーンにも、ナルにも」

 花咲くような、笑み。

「……幸せに、なるからね」

 その言葉と、笑みを向けられた青年は、不敵に笑った。

「それと、もう一つだな」
「え?」

「…生涯、ただ僕だけのものになると」

 彼女の目が、まんまるに見開かれる。

 だれど、それから??。

「うん」

 輝く笑顔。それに、青年も鮮やかな笑みで答えた。




「ジーン…」

 再び彼女は、呼びかける。

「ありがとう」
 その時だった。

 雲の切れ間から差し込むような、光が僕を照らした。




おいで。


一緒に、行こうよ。


 懐かしい声が呼ぶ。

もう。どこで道草食ってたの?


 鮮やかに笑う、二人が呼ぶ。

赦して、くれるのか…?

 光に向かって、手を伸ばす。

何言ってるのさ。
遅刻、は後でちゃんと落とし前付けてもらうからね?

 だから、行こう。
 そう言って二人に手を取られ、光の中へ。


 その中へ進む直前、振り返れば彼女が僕に向けて笑みを浮かべていた。

ありがとう…。


その声が、彼女に届いたのだろうか。彼の腕の中で、彼女は再び微笑んだ。

「…逝ったかな、あの人」
「…麻衣?」

 腕の中の麻衣が、力を抜いた。
 今迄、緊張していたのだろうか。そして、その言葉。

 見下ろすと、瞳を逸らした。
 だが、顎を上向かせて、双眸を見返す。すると、観念したのか、

「あのね。ジーンの気配とは別に…毎年、此処へくる度に、感じたの。すごい…、寂しい人が居たの。その人の大切な人たちも、傍に居るのに。彼だけは気付かなかったの」

「…麻衣」
 毎回の事とは言え……。

 僕の、剣呑な視線に気付いたのか、腕の中でじたばたと暴れながら、
「あ、あのね!いや、あの…危険は、無かった…と、思うし、ナルに言って…その、データ取られるのも、気の毒…かな、って」
「麻衣」

 吐息とともに、その唇を塞ぐ。
 何度抱いても、口づけをかわしても。

 こうして。
 この腕に閉じ込めた時ですら。


いつか。


 喪失われるのではないかと。





まるで。幼い迷子のようだった。


 プライドが高く、言葉に表す事ができない、『彼』が、時々見せる???不安。

 それに気付かない、ふりをする。

 ただ。

私は、いつでもあなたの傍に。



いつまでも、あなたの傍に。




 それが永遠ではないと知っていても。

 息が出来ないほど抱きしめられて、苦しい。



 だけど、それで、彼の痛みを和らげる事が出来るなら。





そう、でしょう?ジーン。


 此処には居ない、彼に向かって訊いてみる。



 ただ静かな水面が、夕陽に照らされて朱く染まっていた…。


消える事は無い、痛み。

癒される筈の無い、喪失。

ただ。




この想いだけは、永遠に。

彼と、あなたと、自らへの。

この日の、誓いだけは。


奪われる事は、決して、ないから。



<終>









二〇〇四年八月十四日

Written by Rook
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[88]  [87]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
Let's Enjoy!
こんなん作ってみたので、遊んで下さい
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[07/20 aire]
[09/13 めぐ姉さん]
[08/19 かなえ]
[08/04 HIROKO]
[04/16 青海]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Rook
性別:
非公開
職業:
かいしゃいん
趣味:
くうねるあそぶ
自己紹介:
更新は遅いです。
でもぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いします。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]